ニュース一覧

会場の雰囲気に合わせて

花嫁

選び方の基準

結婚式を行うとき、二次会まで行うのならば花嫁は二次会ドレスの手配も考えておかねばなりません。二次会ドレスに結婚式や披露宴で来たドレスを流用するケースも考えられますが、レンタルの場合は難しいことも多いです。その場合は別途レンタルするか購入するかして用意しておかねばなりません。二次会ドレスを選ぶときの基準は、花嫁の好みとともに会場の雰囲気なども考慮するのがオススメです。花婿はたいてい同じタキシードやスーツなどを着用することが多いので、花嫁の好みを最優先すればたいてい問題ありません。こだわりたいのならば、花嫁花婿でテイストを合わせるとおしゃれになります。ただその場合費用が少しかさむことは覚悟しておかねばならないでしょう。また、会場によってはボリュームのあるドレスだと入らなかったり汚れるリスクが高くなったりすることがあります。そのような場合はやや細身のドレスにしたり、ワンピースに近いようなカジュアルな二次会ドレスにしたりするのがオススメです。近年は普段着に近いようなセパレートタイプのドレスや袖ありのドレスに人気が集まっているので、招待客からの受けもよくなります。ただ二次会は本当に招待したい人のみに厳選されていて結婚式や披露宴よりもカジュアルな雰囲気であることがほとんどなので、基本は着たいものを着ればかまいません。ミニドレスやスリットの入ったドレス、カラードレスなどなんでも問題ないのです。後悔のないように選びましょう。