ニュース一覧

マリッジリングの選び方

赤い糸

二人の絆の証

以前に比べ、今は結婚の形にこだわらないカップルが増えています。しかしそれでも結婚指輪だけは、ほとんどのカップルが購入していると言われています。結婚指輪は、一度はめると一生外さないのが基本です。結婚していることを他の人に知らせるという意味だけでなく、二人の強い絆を形にしたという意味でもあるのです。それだけに、結婚指輪はカップル双方が納得するものを選ぶことが重要となります。結婚指輪を選ぶポイントは、デザインや素材、ブランド、耐久性等、人により様々です。また、宝飾店で一般に売られている既製品だけでなく、パターンの中から選ぶセミオーダー、デザイン、素材から全てオーダーするフルオーダーなど、より深くこだわることもできます。カップルがお互いにこだわりたいポイントをあげていき、それをすり合わせてこれだというものを選びましょう。なお、結婚指輪は既製品を購入したとしても、サイズ調整や刻印をするために受け取りには数週間から1ヶ月程度必要です。セミオーダーやフルオーダーになるとさらに時間がかかり、場合によっては3ヶ月以上となるケースもあるのです。こうしたことから、結婚指輪は最低でも挙式の3ヶ月以上前に注文しておきましょう。もう一つ重要なのが、結婚指輪の相場です。基本的に結婚指輪はシンプルなものが多くなっていますが、中にはダイヤ等の宝石を組み込んだり、また高級ブランドを選ぶと相場もぐっと上がります。ある調査によれば、平均的な相場は2人分合わせて20万〜24万円と言われています。セミオーダーでは素材やデザインでかなり変わりますが2人分で16万〜30万円くらい、フルオーダーでは2人分で30万円超が一般的な相場です。高級ブランドは、シンプルなものなら2人分で20万円超、宝石つきなら30万円以上のものが多いとされます。